本文へスキップ

日本心理教育コンサルティングオフィシャルサイト


心理学講義・人材育成・カウンセリング
企業研修・講演・執筆・心理テスト作成

ボディーシンクロニーとは Business psychology


商談がうまくいく時・いかない時 こんなサインを見逃さない ボディーシンクロニーとは  

ボディーシンクロニーカフェやレストランに行った時・・・

変態?!と思われない程度に、カップルや家族など周りのお客様を、観察してみてください。

特に仲の良いカップルを観察してみると、どちらかが飲み物を口にすると、相手も飲み物を口にし、どちらかが前かがみになると、相手も前かがみになる・・・

といったように、しぐさや身体の動きが一致する現象が見られると思います。

このようにしぐさや身体の動きが一致する現象を、心理学ではボディーシンクロニーと呼んでいます。

このボディーシンクロニーという現象は、相手との心理的距離が近い、二人の仲が良い場合などに起こりやすく、その逆に二人の心理的距離が遠い、仲が悪いとなかなか起こらないと言われています。


数人で会議や話し合いをした場合などは、意見や方向性などが一致している場合は、複数の人でもしぐさや姿勢の一致が見られます。

お客様と商談をしている時、自分とお客様のしぐさが一致しているか、さりげなく意識してみましょう。

もし、しぐさの一致が見られたら、それはあなたとお客様の心の距離が近づいて来たサインです。

このまま、より深いところまで商談を進めて良いと思います。

しかし、なかなかお客様とのしぐさの一致が見られない場合は、お客様との心の距離は離れている可能性があります。

もちろんこのボディーシンクロニーは、話始めていきなり起こる訳ではないので、しぐさが一致しないのは、会話の時間が短か過ぎたり、まだ緊張していることが原因の場合もあります。

ですが、そこそこ時間をかけて話しているのに、なかなか一致しない場合は、お客様は心を閉ざしている、あなたに同意出来ない、なんか違うと感じている、気が合わない、などの気持ちを抱いているかもしれません。

そんな時は結論を急がず、もう少し時間をかけて、お客様の話をじっくり聞いてみる方が良いかもしれません。

大切なのは対話を通じて信頼関係を築くことです。

でも、より早くそういった状態に近づきたいという時は、不自然にならない程度に、お客様としぐさを合わせてみるという方法もあります。

これはミラーリングと呼ばれる心理術になりますが、ミラーリングとは、相手のしぐさや動きをまるで鏡のように真似ることです。

人は「気が合う」と感じる人とは、しぐさや身体の動きだけでなく、話すテンポや呼吸のリズム、声のトーン、言葉づかいなども、類似すると言われています。

しぐさや動き、話すテンポなどをさりげなく合わせて、相手になんか気が合う、波長が合うという感覚を作ってみましょう。

ただここで注意が必要なのは、あまりに露骨であったり、不自然にやると相手に不快感をあたえてしまうので、くれぐれも注意してやってみてください。



日本心理教育コンサルティング



接客・営業・仕事に役立つ心理学・心理テクニックが満載


接客・仕事・ビジネスに役立つおすすめ心理学講座・各種情報


接客・ビジネス心理総合講座

心理学を活用したクレーム対応研修

個人とチームの潜在能力を引き出す組織心理学・マネジメントセミナー

心理学を活用した職場の人間関係改善研修

より良い人間関係を作る コミュニケーショントレーニング

上手な言い方を身につける アサーショントレーニング

いじめ・パワハラの心理学

いじめを防ぐ心理教育プログラム

心を鍛える方法

上手に断る心理術 Yes-but法

ビジネス心理学

 SITE information

・企業カウンセリング
・リーダー育成
・コミュニケーション
・モチベーション
・アンガーマネジメント
・メンタルトレーニング
・傾聴トレーニング


SEMINAR INFORMATION

リーダーシップセミナー

モチベーション開発

クレーム対応

集中力開発

イメージトレーニング

キャリアカウンセリング