本文へスキップ

日本心理教育コンサルティングオフィシャルサイト


心理学講義・人材育成・カウンセリング
企業研修・講演・執筆・心理テスト作成

うつ病患者さんへの対応方法 counseling


うつ病患者さんへの対応方法(家族の方へ) メンタルヘルスお役立ち情報

うつ病 対応以下はうつ病の患者さんをお持ちの家族の方での一般的対応方法を簡潔にまとめたものです。


個別により症状等異なる場合がございますので、必ず患者さんの状態を充分観察しながら、また専門医と相談の上、参考程度にご活用ください。





@うつ病の回復には充分な休養が必要です。特に必要なのは身体以上に「心の休養」です。あれこれ心配したり、考えなくてはならないことができるだけ生じないような配慮をしてください。


A患者さんは性格的に真面目で物事を深刻に考えすぎる傾向があります。そういった部分が原因で非常に消耗しているため、頑張ってと励ますのは逆効果になる場合があります。あたたかく見守ってあげてください。


B栄養バランスを考えた食事を心がけてください。うつ病の方には、DHA、EPAといった栄養素が不足している等指摘されますが。魚介類、ビタミンなど、バランスを考えた食事を心がけてあげてください。その際、無理強いはよくありません。  


C室内に自然光を採り入れる工夫をしてください。日照時間が少ないとうつになりやすくなる傾向があります。カーテンを閉め切った状態などはあまり好ましくありません。


D患者さんは自分自身や物事を否定的に見る傾向が強い場合があります。ご本人の長所や物事の良い面に気づくような言葉がけを行ってください。また患者さんの長所が活きる職場や、人生の選択肢(考え方)を提供してあげてください。


E良い悪いなどの価値判断をせず、ありのまま話をきいてあげてください。うつになりやすい人は、自分の考えを溜め込む傾向があります。否定をしてしまうと、一層心を閉ざしてしまいます。
話を聞く力を高める 傾聴力開発講座


Fうつの原因の一つは心身のエネルギーの低下です。植物などを置いて、家庭の中に良いエネルギーが生じるようにしてみてください。その他、家庭内で口論などのネガティブなエネルギーが生じないように心がけてください。また各種のエネルギーワーク・セラピーが効果をもたらす場合もござます。


G黒などの暗い色は心身の働きを抑制する効果があります。お部屋や家の中が暗い色にならないよう注意してください。ベージュなどの柔らかく癒される色を活用しましょう。


H体温が下がるとうつになりやすくなります。体温を上げる工夫を行ってください。また、家庭やお部屋の温度が下がらないよう工夫をしてみてください。
養命酒製造株式会社 ハーブ の恵み 養命酒 700ml (養命酒は冷えを改善する効能があります)


I一日も早く専門医を受診しましょう。虫歯も早期の治療であれば短期間に治すことができます。うつ病は誰もがかかる可能性のあるものです。またカウンセリング、整体、マッサージなど各種セラピーを併用すると改善がより早くなる場合がございます。


※上記の対応方法はあくまでも一般的なものです。個別により症状等異なる場合がございますので、状態を充分観察しながら、また状況によっては専門医と相談の上行ってください。




日本心理教育コンサルティング


  • 対処方法につきましては参考までにご使用ください。
  • こちらの情報は予防教育・心理教育のために作成されたものです。ご了承ください。
  • こちらの情報を雑誌・TV・書籍などでご使用になりたい方はお気軽にご連絡ください。
  • 健康な心の発達には健全な生活習慣が大切です。



うつ病の改善に役立つ各種講座・情報・本 




うつ病接し方

 SITE information

・企業カウンセリング
・リーダー育成
・コミュニケーション
・モチベーション
・アンガーマネジメント
・メンタルトレーニング
・傾聴トレーニング


SEMINAR INFORMATION

リーダーシップセミナー

モチベーション開発

クレーム対応

集中力開発

イメージトレーニング

キャリアカウンセリング