本文へスキップ

日本心理教育コンサルティングオフィシャルサイト


心理学講義・人材育成・カウンセリング
企業研修・講演・執筆・心理テスト作成

ネガティブ思考の原因は幼少期?!psychology

プラス思考・ポジティブになる方法−3 

意識改革 プラス思考プラス思考になる方法ー3 マイナス思考の改善

さて、前回は専門家10人に「日本の景気は悪くなる」と言われたら、よほど自分の考えがある人でなければ、そう考えるようになる可能性が高いとお話しました。

プラス思考になる方法ー2

私たちの考え方は必ず誰かしらの影響を受けて形成されます。

ここでもう一つポイントとなるのが、それが誰の話を聞いたか、とういうことと、
何度その話を聞いたかということです。



飲み屋の隣で酔っぱらって大声を出して語っていたおじさんの話を一度聞いたということでは
あなたの考えに大きな影響を与えないでしょう。



しかし、自分の考えがまだ出来ていない幼いうちに、親や兄弟など身近な人が、
繰り返し「人生なんかうまくいく訳ない」などと、マイナスの考えを口にしていたら
どうなるでしょう。


そうです。多くの場合マイナスの考えが身に付きます。



幼い時の親や兄弟の影響は非常に大きく、自分の考え方を無意識に形成していきます。



ではプラス思考になるためにはどうしたら良いのかというと、自分にとって
影響力が強いと思われる人から、繰り返しプラスの考え方を聞くということです。



もし、恋人や夫・妻、親しい友達、尊敬する上司、先生がプラスの考え方の持ち主なら
、あなたは接するうちにプラスの考え方が出来るようになっていくはずです。


しかし、その逆もしかりで、もしあなたの恋人や夫・妻、親しい友達、上司、先生が
マイナス思考の持ち主なら、あなたは接するほどにマイナスの考え方の影響を受けいきます。




プラス思考になる おすすめ講座・情報 




EQ 感情知能

 SITE information

・企業カウンセリング
・リーダー育成
・コミュニケーション
・モチベーション
・アンガーマネジメント
・メンタルトレーニング
・傾聴トレーニング


SEMINAR INFORMATION

リーダーシップセミナー

モチベーション開発

クレーム対応

集中力開発

イメージトレーニング

キャリアカウンセリング


※キーワード
・意識改革
・マインドセット
・ポジティブ心理学
・メンタルヘルス
・記憶