本文へスキップ

日本心理教育コンサルティングオフィシャルサイト


心理学講義・人材育成・カウンセリング
企業研修・講演・執筆・心理テスト作成

ポジティブ心理学psychology

プラス思考になる方法−6 効果的な言語・英語学習から考える実践方法 

意識改革 プラス思考
プラス思考・マイナス思考・・・

私たちの思考の大元となっているもの、それは「言葉」
です。


今、プラス思考を身につけようと頑張っている人は恐らく、英語を習いたての頃のように考えながら一生懸命プラス思考になろうとしていると思います。



では、その思考の大元となる言葉、日本語を話す時に、まず主語が来て、次に動詞が来てと、文法を考えながら話しているでしょうか?


恐らくそうしている人はほとんどいないはずです。


では、日本語はなぜ、考えなくてもスラスラと出てくるのか。


そして、もう一つ、日本語を一生懸命身につけようと意識的に努力をされた人もほとんどいないはずです。


では、なぜ日本語がいつの間にか身についたのか。



それは、生まれた時から日本語をシャワーのように聞き続けて来たからです。


音楽も耳で繰り返し聞き続けていると、いつの間にか頭の中でループしていることがあると思います。


聴覚的に繰り返し聞き継けていると、脳は無意識のうちに学習・記憶します。


(恐らく今流行りのスピードラーニングなどは、その原理を活用しているのだと思われます。)


送料&代引手数料無料【公式】スピードラーニング英語1〜16巻一括セット送料&代引手数料無料全...



つまり、プラス思考や英語を身に着けようとと思ったら、耳・聴覚から繰り返し聞き続けるというのが一つの方法となります。


更にこの方法の良いところは、読書と違い、他のことをしながらも出来るというところにあるかと思います。


(聴覚を使ってプラス思考を身につけるおすすめ教材はページ右部と下部に掲載しております)




日本心理教育コンサルティング




プラス思考になる・意識改革 おすすめ講座・情報 




プラス思考になる 聴覚教材・おすすめの本 



※キーワード
・メンタルトレーニング
・意識改革
・マインドセット
・ポジティブ心理学
・心を強くする
・記憶・学習心理学
・言語学習


耳からプラス思考を身につける
おすすめのオーディオブック