心理学・教育・カウンセリング・能力開発・企業研修の総合情報サイト ホーム 商品一覧 講義実績 ご利用案内 お問い合わせ
心理学講義 研修
メンタルヘルス 研修 各種情報
おもしろ心理テスト 無料 占い・性格・適性検査
色彩・色彩心理
 about color
心理学・教育・カウンセリング・能力開発・企業研修の総合情報サイト
ご利用案内

★あなたは視力が低下しやすい?!
  〜視力が低下しやすくなる生活習慣チェック!!〜


※テストを開始するには [テスト開始] ボタンを押してください。
問 1 大画面のTVを至近距離(2m以内)で見ることが多い
はい
いいえ
問 2 電車の中で文字を読んでいることが多い(本・新聞・携帯など)
はい
いいえ
問 3 姿勢が悪い
はい
いいえ
問 4 休日は家でごろごろしていることが多い
はい
いいえ
問 5 歩く時にあまり遠くを見ていない(意識していない)
はい
いいえ
問 6 子供のころから運動やスポーツをあまりしていない
はい
いいえ
問 7 一日の中で遠くの景色を見る機会はほとんどない
はい
いいえ
問 8 ストレスを感じながら勉強や仕事をしている
はい
いいえ
問 9 携帯電話のメールやweb、携帯用ゲーム、パソコンを使うことが多い
はい
いいえ
問10 パソコンの置き場所は壁際になっている
はい
いいえ
問11 パソコンや携帯のメールなどを使用する場合、集中して画面からほとんど視線をはずしていない
はい
いいえ
問  12 食事の時よく噛まない
はい
いいえ

※お疲れ様でした。「採点」ボタンを押すと結果と解説が下記に表示されます。


結果:

4点以下(あくまでも目安ですが^^;)
既に視力がかなり悪くなっているか、今後このままの生活を続けると視力が低下する可能性は非常に高いです。1日の中で遠くを見ている時間と近くを見ている時間のバランスを整えることが大切です。

5〜8点(あくまでも目安ですが^^;)
視力が低下する可能性は五分五分といったところでしょうか。。目の健康は生活習慣に気をつけることで、ある程度は守ることが可能です。

9点以上(あくまでも目安ですが^^;)
視力が低下する可能性は低いと思われます。しかし、ストレスを抱えて長時間近業(勉強やパソコンを使った仕事)をしている場合などは、それだけでも視力は低下しやすくなりますので、生活のバランスを整えつつ、出来る限り0点を目指すように努力しましょう。

※あなたの得点は・・・





※テスト結果はあくまでも参考までにご使用ください。
※当方は心理・教育の専門機関です。正確な診断等は眼科医、または専門の医療機関をご利用ください。
※このテストは視力低下の予防教育のために作成されたものです。ご了承ください。
※健康な目・視力・健康な心は健全な生活習慣が大切です。


■ おもしろ・無料心理テスト−2


  教育相談・心理学セミナー・カウンセリング・広告についてのお問合せは 日本心理教育コンサルティング 

  お問合せ

.Copyright (C)  Nihon Shinri Kyouiku Consulting. All rights reserved