心理学・教育・カウンセリング・能力開発・企業研修の総合情報サイト ホーム 商品一覧 講義実績 ご利用案内 お問い合わせ
心理学講義・授業
カウンセリング
メンタルヘルス 研修 セミナー
おもしろ心理テスト 無料 占い・性格・適性検査
おもしろ心理学

効果的な自己暗示の方法

イメージング関連書籍





心理学・教育・カウンセリング・能力開発・企業研修の総合情報サイト
おもしろ心理学 イメージトレーニング

●イメージトレーニングの目的と効果ー1 成功回路の形成  イメージと心理学 おもしろ心理学ー2


前回はイメージトレーニングを行うとなぜ理想に近づけるのか解説いたしました。 (前回の解説はこちら


イメージトレーニングにはその他にも多くの効果効能があります。


例えば、スポーツだけでなく、就職の面接や、試験、恋愛など、何か事を始めようとした時、過去に失敗した経験を思い出し、また失敗したらどうしようと不安になった経験はありませんか?

そして、その不安が強すぎて、緊張・委縮し、結果、また失敗してしまった、、、そんな経験はないでしょうか。


このように私達の行動・思考は過去の経験や記憶・情報に大きく左右されます。


記憶の中に「うまく出来なかった」という否定的な情報が多ければ多いほど、次の行動をとる時にブレーキがかかります。

しかし、その逆に記憶の中に「うまく出来た」という肯定的な情報が多いほど、「またうまくいくだろう」と思え、リラックスして事に臨みやすくなります。

当然うまくいく確率も高まります。


つまり記憶の中に「うまく出来た!」という肯定的で「強い」情報を多く保存しておけば、物事を成功させる確率を高められるということになります。


では、うまく出来たという肯定的な情報を多く保存するにはどうしたら良いか??。一つは小さなことでも成功体験を多く積むことなのですが、それ以外に、私達の脳、自律神経は実際に体験したことと、想像で擬似体験したことの区別がつかなくなる傾向があります。


この特性を活かしイメージ上で成功の擬似体験を大量に積むことで、うまく行く!と思える思考回路を脳に形成していくことが出来るのです。



日本心理教育コンサルティング
    
イメージトレーニング 成功回路

心理キーワード
 ・イメージトレーニング
 ・トラウマ
 ・成功回路
 ・記憶
 ・自律神経
 ・サイモント療法
 ・カウンセリング
 ・メンタルトレーニング




理想の自分に近づくおすすめ講座


なりたい自分に近づくイメージトレーニング



美しくなるイメージトレーニング



出来る人になる!ビジネス心理学



プレッシャーに強くなる メンタルトレーニング
  


※トピックの内容は参考までにご使用ください。
※こちらのページ・内容を雑誌・TV・本・職場・学校などでご使用になりたい方はお気軽にご連絡ください。
主な実績はこちら
※健康な心の発達には健全な生活習慣が大切です。


なりたい自分に近づく!おすすめ講座
イメージでストレスをコントロール メンタルヘルス研修 
出来る人になる!ビジネス心理学
お客様の心を動かす 心理学・カウンセリングを活用したクレーム対応研修 
第一印象が説得効果を左右?! イメージアップ講座
説得力を高める コミュニケーション能力開発トレーニング
さわやかな話し方 アサーショントレーニング



  おもしろ心理学・心理学セミナー・カウンセリングのお問合せは  日本心理教育コンサルティング 

  


   
.Copyright (C)  Nihon Shinri Kyouiku Consulting. All rights reserved