本文へスキップ

日本心理教育コンサルティングオフィシャルサイト


心理学講義・人材育成・カウンセリング
企業研修・講演・執筆・心理テスト作成

効果的な自己暗示の方法 self suggestion


効果的な自己暗示の方法 あがり・緊張・症状の改善 専門心理カウンセラーのアドバイス

自己暗示のテクニック
自分を変えたい、本番であがらないようになりたい、

食べ過ぎを改善したい、

症状や癖を改善したい・・・


このような悩みの改善に有効とされるのが

自己暗示です。


しかし、過去に自己暗示をやってみたけれど、あまり効果が実感出来なかった・・・

という方ももしかしたら少なくないことと思います。


基礎的な自己暗示の方法は、リラックスした状態を作り

「自分は出来る出来る」 などの言葉を繰り返し唱えるというやり方が一般的です。

しかし、この方法はあくまで基本で、悪くはないのですが、これだけですと効果が弱い場合があります。



ではどのような場合に効果が弱くなってしまうかと言うと、


頭と心が分離している 時です。


??!!


よく 「頭では仕事や学校にいかなくちゃいけないのはわかってるけど、どうしても行く気になれない」

という言葉を耳にしますね。



私たちの行動は、理屈(言葉)以上に感情(気持)に支配されています。


言葉で 「絶対成功する!絶対成功する!」 とか 「痩せる痩せる」 と繰り返し唱えていても、、

同時に感情の部分で 「失敗したらどうしよう・・・」とか 「どうせ無理でしょう」 という不安・気持ちを
繰り返し思っていれば、

感情の方(無意識)に引っ張られてしまう可能性があるのです。



自己暗示を効果的に行うポイントは


@リラックスした状態を作る


A心の中にある 「出来ないかもしれない」 という壁(メンタルブロック)を取り払う
※いったん一切の価値観や考えの枠組みを外すことが大切です


Bそのことがうまく出来たこと、症状が改善したところをイメージする


Cうまくいった時の感情・気分を感じる


このプロセスを用いて頭と心の両方に刷り込んでいくと

より効果が高まります。


ポイントは自分自身の脳が 「そのことは本当だ!」 と思い込むことが出来ると、自己暗示は一層効果を発揮します。


更に効果的に行いたい場合は、自分自身が過去にうまく出来たこと、成功したことなどをリラックスした状態から、いくつも思い出すと脳は「自分には出来るんだ」と一層理解してくれます。



日本心理教育コンサルティング




※自己暗示を活用した各種セミナーを開催しております。
(概要)
・自己暗示の力を体験してみよう
・言葉による暗示
・イメージによる暗示
・映像暗示
・暗示の作用科学的根拠
・実践自己暗示
・被暗示性を高める
・変性意識状態とは
・メンタルブロックを外す
・自律訓練法による自己暗示
・他


ご利用案合


※個人の方で効果的な自己暗示の方法を学びたい場合はオンラインカウンセリングをご利用ください。
※自己暗示を学びたいとお伝えください


自己暗示を学ぶ 心理学・講座情報


上がり症で手や声が震えて困ります どうしたらよいでしょうか


マイナス思考の改善

イメージトレーニング 講座


怒りのセルフコントロール

ビジネス心理学講座

モチベーションを高めるには?!

夢を叶える心理学 潜在意識の使い方

集中力が低下する原因チェック

自己暗示の方法

 SITE information

・企業カウンセリング
・リーダー育成
・コミュニケーション
・モチベーション
・アンガーマネジメント
・メンタルトレーニング
・傾聴トレーニング


SEMINAR INFORMATION

リーダーシップセミナー

モチベーション開発

クレーム対応

集中力開発

イメージトレーニング

キャリアカウンセリング