本文へスキップ

日本心理教育コンサルティングオフィシャルサイト


心理学講義・人材育成・カウンセリング
企業研修・講演・執筆・心理テスト作成

仕事のスピードをアップさせるにはcareer development


事務処理・仕事のスピードをアップさせる方法 ウォーミングアップとサイキングアップ

仕事のミスを減らすには
事務処理・仕事のスピードをアップさせたい、ミスを減らしたい、そう悩んでいる方、少なくないと思います。

事務処理速度・集中力チェックテストはこちら(PDF)


その対策として、重要な方法・考え方がウォーミングアップとサイキングアップです。


スポーツ選手は、競技や試合で速く走ったり、最高のパフォーマンスを行うために必ずウォーミングアップを行います。

何もせずにいきなり本番・走り出すということはありません。



寝起きや、寒い時のことを考えていただくとわかると思いますが、、
私たちの身体は、充分に温められ、筋肉がほぐれた状態でないと、良い動きが出来ません。


実は、脳も全く同じです。


人によっては、通勤のギリギリまで寝ていて、電車の中でも寝ていて、会社に着いても、
脳も身体も半分くらい寝ている人も少なくないのです。


その状態で仕事を始めても、脳は充分に目覚めておらず、頭はボーっとしている訳ですから、
効率は悪く、ミスも出やすくなります。


これは、お昼休み直後や夕方などにおいても同様のことが言えます。


またスポーツ選手はウォーミングアップだけでなく、サイキングアップと言って、試合の前などに円陣を組んで大きな声を出したり、その場で何度かジャンプをしたり、身体や頬を叩いたりして、気分やテンションを高め試合にのぞみます。


これらの行為により脳と身体・心が適度に緊張し、充分に覚醒され、最高のパフォーマンスを発揮しやすくなるのです。


良い仕事をするためにも、ウォーミングアップとサイキングアップを日々実践することを是非心がけてみてください。


職場の集中環境チェック


仕事のミスを減らす集中力トレーニング


集中力が低下する原因チェック


日本心理教育コンサルティング


事務処理・仕事のスピードをアップさせるおすすめ実践講座・実践研修 




仕事のスピードアップ

 SITE information

・企業カウンセリング
・リーダー育成
・コミュニケーション
・モチベーション
・アンガーマネジメント
・メンタルトレーニング
・傾聴トレーニング


SEMINAR INFORMATION

リーダーシップセミナー

モチベーション開発

クレーム対応

集中力開発

イメージトレーニング

キャリアカウンセリング

※関連キーワード

・人材育成
・集中力
・学習力
・メンタルトレーニング
・サイキングアップ



方法論提供しています