本文へスキップ

日本心理教育コンサルティングオフィシャルサイト


心理学講義・人材育成・カウンセリング
企業研修・講演・執筆・心理テスト作成

叱ると怒るの違い 心理学  anger management


親と教師のためのアンガーマネージメント 心理学から見た叱ると怒るの違い 

叱ると怒るの違い
「教師による暴言で不登校に」

少し前のニュースにこんな見出しが掲載されていました。


皆さまは子どもの頃、何だかよくわからない理由やささいなことで、親や先生にひどく怒られた経験、ありませんか?

その逆に子どもの立場から見たら何だかよくわからない理由やささいなことで感情的に怒ったりしていませんか?


私の経験を話して恐縮ですが、中学生だった時に授業中洋服の袖をまくろうと腕を少しあげたら、
先生は挙手をしたと思ったらしく、そうでないことを伝えると・・・

「紛らわしいことをするんじゃないよ!」

と大きな声でひどく怒られたことを今でも覚えています。


今思えば何故そのくらいのことであんなに激しく怒られる必要があったのか疑問ではありますが^_^;、、

私の経験はさておき、日頃カウンセリングをしていると、教師や親が自分の機嫌や虫の居所によって、
よくわからない理由や、ささいなことで怒鳴ったり怒ったりしたことで、心に傷を負ってしまったり、
そのことが原因で学校に行けなくなってしまったというケースも決して少なくありません。


子どもの心はとても純粋です。


あの時、親や先生に言われたひとことを、大人が考える以上に、子どもは覚えているものです。



子育てや教育の場で子どもを「叱る」ことは時に必要です。


しかし、子どもの目線から見て理由がはっきりしないことに対して、感情的に「怒る」ことは教育上望ましいとは言えません。


「叱る」とは子供や相手のための行動ですが、「怒る」とは自分の感情を発散させる行動です。



子どものためを思って、これは伝えなくてはいけないと思って言うのは「叱る」です。

しかし、自分が気に入らないからという理由から感情的に言うのは「怒る」ことです。

少し乱暴な言い方ですが、叱るのは相手のため、怒るのは自分のための行動です。



誰しも人間ですからもちろん完璧にはいかないものですが、親や教師など、人に何かを教え育てる立場にある人は、

最低限感情をコントロールする力、アンガーマネジメント力を身につけ自分の虫の居所の悪さから子供に対して「怒る」

ということは出来る限り避けたいものです。



アンガーマネジメントセミナー


怒らずに伝える技術 アサーションセミナー




日本心理教育コンサルティング


EQ・感情知能を高めるおすすめ講座・各種情報


体罰による教育は良いか悪いか

感情知能を高める方法

イライラの改善方法

より良い人間関係を作る コミュニケーショントレーニング

いじめの心理学

いじめを防ぐ心理教育プログラム

心を鍛える方法

オンラインカウンセリング


怒ると叱るの違い

 SITE information

・企業カウンセリング
・リーダー育成
・コミュニケーション
・モチベーション
・アンガーマネジメント
・メンタルトレーニング
・傾聴トレーニング


SEMINAR INFORMATION

リーダーシップセミナー

モチベーション開発

クレーム対応

集中力開発

イメージトレーニング

キャリアカウンセリング